おいしいコーヒーに必要なのは、なんといっても新鮮な豆です。

焙煎から劣化が始まってしまいますが、冷凍庫で保存することにより、劣化は抑えられます。

冷凍庫から出して使用する際は、常温に戻してから使用してください。

一度挽いてしまうと、豆の表面積が大きくなるため、劣化のスピードが速くなってしまいます。

淹れる直前に豆を挽くことをお勧めします。

【適したコーヒーと分量】

カップ1杯分(約140cc):豆の量12g 

カップ2杯分(約280㏄):豆の量20g

【用意するもの】

ペーパーフィルター

ドリッパー

サーバー

細口ドリップポット

メジャースプーン

カップ&ソーサー

【淹れ方の手順】

① 中挽きにした豆を、ドリッパーに適量入れて全体をならします。

粉をセット

② ドリッパーの中心にお湯(約90度)を注ぎ、30秒ほど蒸らし、粉が膨らむのを待ちます。

蒸らし時間は30秒

③ 中心から徐々にお湯を注ぎ、抽出します。

粉が膨らんできます

④ 規定量に達したら、ドリッパーを外します。お湯を最後まで落としてしまうとエグみの原因となります。

抽出終了

⑤ カップに注ぎ、お召し上がりください。

お召し上がりください